子供達の約束を守りに

8/12(金)天気:曇り

今日は子供たちの約束を守りに行く日だ。一番下の息子は定員オーバーで地元の学童に入ることが出来ず、一年間隣町の学童に通っていたのだ。そこの子供たちに会いに4月に一度お邪魔したことがあったのだが、買えり間際「どうせもう来ないんでしょ」と言われたので夏休みに会いに来るよと約束していたのだ。

 

 

しかしコロナ禍で行くかは判断が難しかった、電話で確認したところ普段通り運営しているとのこと、お盆が近いので預かる子供の人数も減っていると情報を得た。

以前通わせてもらっていた学童は児童を100人以上を受け入れており、規模が大きかった。

感染対策を万全に行くことにしたのだ。

 

 

以前お邪魔したときは8時間も滞在し、その間鬼ごっこだ、かくれんぼだと全力で子供達と遊んだのだがとんでもない疲労感だった。気合を入れて着替えなども持参し乗り込んだ。私は子供たちに大人と思われないようで、カンチョウされたりパンチされたりと遠慮が無い。子供たちの洗礼を受けながらまた、一緒に全力で遊ぶのだ。

 

 

アイロンビーズをしているときは平和だったが、同級生の子供たちは私に腕相撲を挑んできたりメガネを引っ張って外したり髪を引っ張ったりと節操がない。しかし親の話になった時にお父さんがいないと話してくる男の子がいて、お父さんとお母さんがわかれたのだと教えてくる。しかしその子は悟ったかのようにたまに父親に会いに行き、一緒に過ごすことを淡々と話すのだった。

 

 

その子は私と手をつないで離さない、座っても私の膝枕の上に座り落ち着いている。切なさが込み上げてきたが、悲しい顔は見せられない。突いてくすぐると喜ぶのでしばらくはじゃれあっていた。その様子を見て他の子供たりも私の上に重なりあって来る。

私の気持ちは満たされていた。

 

 

以前来た時も母親が病気で亡くなったという男の子がいてお祖母ちゃんが迎えにきていた。その子のお弁当はパンケーキにメープルシロップが添えてあり、まるでオヤツのようなお弁当、普段から甘いものが多いのだと皆が声をそろえて教えてくれる。お祖母ちゃんが作ってくれるのそうだが、とても可愛らしく盛り付けてある。

 

 

私はお祖母ちゃんが孫が寂しがらないようにと精いっぱい甘いお弁当を作っている姿を想像して目が潤んでしまった。一緒に鬼ごっこをした時その子は足が速くて捕まえられない、スゲースゲーと褒めちぎった。今はバスケットを始めたと教えてくれる、学校は違うけれど、この友情がいつまでも続いてほしいと心から願うのだった。

 

 

今日は走り回るだけではなく、アイロンビーズや塗り絵、テーブルゲームなども行ったので意外と歩数ははかどらず、7千歩程度だった。帰って19時近かったがランニングへ出かけ何とかノルマは達成した。周囲は暗かったが携帯のライトで照らしながら走ったので何とか完走することが出来た。

 

 

雨の前に

8/11(木)天気:晴れのち雨

今日は夜勤4日目が終わり、明けで息子の野球の練習に合流する。その前にいったん家に帰って着替えだ。私は汗かきなので普段着でいると汗染みでオネショしたみたいになってしまう、綿のTシャツやポロシャツも張り付いて運動にならない。ランニングと同じ格好に着替えて再出発だ。

 

 

既に練習は始まっていて子供たちはノックを受けている。私はじゃまにならないようにグラウンドの周りをランニングする、今日は雨の予報だったので体育館での練習だとたかをくくっていたが、雲は多いが晴れていた。久々に鉄棒を使って懸垂に挑戦する、体重が減っているので体は軽いがやはり20回が限界だった。

 

 

ランニングの後は球拾いや子供たちが熱中症になりかけていないか観察していた、突き指した子供がいたのでアイシングしたり看護師さんならではの役割を担っていた。しかし歩数は稼いだものの、せっかく運動着に着替えているのに汗をかききれていない気がして気持ち悪い。家に帰ってから早速ランニングへまた出かけた。

 

 

西の空には黒い雲が広がっていて、今にも降り出しそうだったがまだ、晴れ間は見えている。30分間降らずにいてほしいと祈りながら走っていた。

何でだろう、ニョロリと道にはみ出したシッポを無視できない。

久々にシマヘビにお目にかかったので少し追跡してみる。

穴が無いので小川に逃げ込んでとぐろを巻いている。

長いシマヘビだった。

 

 

またランニングに邪魔が入ったが雨が降らないうちに家に戻ろう。

急に風が出てきてポツリポツリと雨が降り出した、ペースを上げて折り返す。折り返し地点が雨のピークだったらしくすぐに雨は止んだ、しかしうかうかしてられない、遠くで雷の鳴る音も聞こえる。

 

 

私は何故か激しい運動をすると毛が逆立つ、鳥肌が立つのと同じ感覚で髪も逆立つ。だから何だと言われそうだが、私だけなのかと子供の頃から思っていた。普段よりハイペースで戻ってきたため腕の毛も逆立っていた、今日もたっぷりと汗をかいて大満足、明日からは3連休なので気持ち的にも余裕を感じていた。

 

 

家に戻って昨夜の風呂のさめた水に入り体を冷やして寝床に入った。妻も日ごろの疲れがたまっていて二人で昼寝を始める。急に稲光と大雨が降ってきた、しかし雨の音が心地よくてまた眠ってしまうのだった。

 

日々ランニング(体の変化まとめ)

8/10(水)天気:晴れ

今日も夜勤明けの私、買い物には行かずに家に直接帰ったので10時からランニングへ出かけた。初めは雲が多かったのでそれほど暑くなかったが時々日がさすと急に気温が上がり頭がくらくらする。最近ラニングが癖になっている私は呼吸は乱れない、今日も少しだけ距離を伸ばしてウォーキングへ切り替える。

今日は半袖だったので久しぶりに汗だくショット。

2リットルの汗が出る私…きもいですか。

 

 

全身ビショビショになりながら歩いているとまたサギの子供が飛んでいる、真っ白できれいだ。

久々に蝶も見かけたので撮影してみる。大きなアゲハチョウを撮影したいが止まってくれない。

明日からは一週間雨の予報だ、しばらくランニングはできないかもしれない。

 

 

 

ダイエットをはじめ2か月間ウォーキング(1日一万歩以上)を継続し、いまではランニング5㎞走れるまでになったのだが具体的にどのように体の変化が起きたのか確認していこう。

期間は2022年5月半ばから現在まで約3か月。

①体重71㎏→64㎏

②腹囲84cm→78cm

体脂肪率20%→15%

簡単ではあるが数値的にはこのぐらいの変化が見らている。

実感しているのは体臭が減ったように感じる、根拠はないが息子の野球帽と私の野球帽の臭いを確認してみると汗の量は同じでも私のは無臭に近い。これは食習慣も見直したことが影響しているか。

一日の体重変化が激しいため大体の平均値で見ているが、完全に汗を絞り切ると62.9㎏だった。最近は甘い物への渇望が強い。安い牛乳プリンを購入して食べたがコクが強く感じられてメチャメチャ美味しかった。実は食べる量はそれほど制限はしていない。今まで食事制限に頼りすぎていたため、運動がどれほど大切かが理解できた。

 

 

結局楽なダイエットは無いということだ。しかしひとたび運動に快感を覚え体形が引き締まっていくのを時間すると後はトントン拍子に体重は減っていく。初めは効果が出にくいが根気強く続けることが必要だと思う、必ず結果はついてくる。アラフィフのオジサンが頑張れるのだからぜひみんなも歩き出してほしい。

 

白い鳥の正体

8/9(火)天気:晴れ

今日は夜勤明け、買い物もしてきたので歩数は仕事と合わせすでに1万歩に達していた。すでに12時を過ぎていたが、やはり走らないと気持ちが悪い。早速着替えて走り出す。もう日が高く気温も30℃を越えていたが日は陰っているのでジリジリした暑さはない。すると早速あの白い鳥に遭遇する。

今日こそは正体を確かめたい、田んぼのあぜ道を走って追いかける。

そして気づいてしまった、「サギ」だということに、羽が真っ白だったので全体のフォルムが分からなかったが。ぽつんと田んぼにたたずんでいる姿がはっきりと見えた。

サギの子供だったのだ。

 

 

正体をつかんだ私は足を止めたくなかったのでそのまま田んぼをぐるっと回っていつものコースへ戻っていく。しばらく走ると今度は群れを見つけた、しかし凄い数だ、20羽以上いるではないか。

走って近づくと手前に隠れていたサギが飛び立った。

パッと見白鳥にも見えるがちゃんと親鳥が見張っていて警告を鳴らしている。

一斉に飛び立って逃げていく。

しかし昔この辺には生息していなかった鳥だ。それがこれだけ数を増やしているのを見ると気持ち悪い、何せサギは大食漢で魚と言う魚を食べてしまう、生態系が壊れないことを願うのみだ。

白い鳥の正体とこんなに繁殖していたことを理解してランニングに集中する。だんだん話ることが苦ではなくなりその気になればどこまで走れそうな気がする、しかし時間には限りがあるし足の裏が痛いので無理は禁物だ。今日は5㎞ほど走ってウォーキングへ切り替えた。

 

 

途中虫たちが死に絶えているところを見たがこれが自然の摂理だと感じる、生き物に罪はないが何故今まで生息していなかった動物たちが増えているのか、気になっている。始まりは散歩だったが、それが習慣化し虫たちを通して環境の変化を目の当たりにしている。実際にはイノシシや日本鹿も20年前はこの辺で見ることはなかったが最近は当たり前に人間の前に姿を現している。

地球温暖化や自然環境の変化が生き物たちに影響を与えるているのは確かだと思う、今まで意識しなかったが、生き物の生態についても観察していこうと思った。

こんなはずではなかったのに

8/8(月)天気:曇りのり雨のち晴れ

今日は夜勤明けで息子を学童へ迎えに行く。息子はキャッチボールをしたいとせがんできたが、午前中は眠くてどうしようもない、午後からにしようと説得した。

家の庭でもキャッチボールはできるのだが国道に面しているし物置小屋にボールが入ってしまうと見つけられなくて厄介だ。学校の校庭でやることにした。

 

 

十分に仮眠をとって学校へ向かう、にわか雨の後で非常に湿度が高い、少し日がさしただけでムチャクチャ暑く感じる。校庭で気楽にキャッチボールだと高をくくっていたのだ。初めは二人でキャッチボールをしながら、フライだゴロだと騒いでいたら、学童から子供たちが出てきたではないか。スポーツ少年団の子供達だ、それじゃ一緒にやるか!

 

 

ここからが長かった、試合形式でバッティング練習をしたが全員で5人ほどだったから守備がいない、子供たちは盗塁だと自由に動き回る、無視しているとファーストだセカンドだと指示されるし何故か俺だけ動き回っている。今日はランニングもウォーキングもしていないからウェルカムだが、今日は暑い!ランニングどころではない汗をかいていた。

 

 

2時間ほど草野球で汗を流したがシューズの中までビショビショになっていた。こんなこと今まなかったのに…。軽い運動のつもりだったのに今日もやってしまった感が半端ではない。でもまあ歩数は余裕で1万歩をこえていたし子供達も満足して帰っていった。とにかく早く家に帰って風呂に入りたかった、シューズには新聞紙を詰めて乾燥させ洗濯機を回した。

 

謎の白い鳥とナメクジラ

8/7(日)天気:雨のち曇り

今日はお兄ちゃんの親子レクへ参加する。9時からだったので普段よりゆっくり準備できた。しかし寝み~な~。

天気が良ければ校庭でドローンによる記念撮影だったが9時前から雷が鳴り始め、大雨になってしまった。仕方なく体育館での撮影となったが人文字を作るのにけっこう時間がかかって大変だった。コロナ禍でまともな行事を今までできないでいたので、いつの間にか同級生の子供たちが大きくなっていた。なぜか寂しい気持ちになる。

 

 

時が経つのは早いもので皆大人になっていた。撮影後は教室でタイムカプセルを作成する。思いがけず親の記入する用紙があって、赤ちゃんの時の思い出や今までで一番心配したこと、20歳の子供へのメッセージなど記入しなければならなかった。意外とサクサク記入できた、普段から思うことが多いのだろう、なんか昔を思い出して涙ぐんでしまった。中学生の息子は思春期で私とはほとんど口をきかないし、ちょっとしたことでイライラして母親とぶつかったりしている、私が介入すると更に事態は悪化するので、遠目に見ているが普通のことだと割り切っていた。

大人なになって自立することの大変さや、自分が元気に生きていたなら、ちゃんと帰ってくる場所を守っているよと言うようなことを書いた。どんなに辛くても挫折しても、君たちの帰ってる場所はここにあるよと話しておきたい。

 

 

親子レクが終わったあたりに雨が上がり解散となった。ちびっこは野球の試合から帰ってきていて7対1での大敗だったようだ。昼食を適当に済ませてネットフリックスを見ながらゴロゴロしていた、気付いたら座椅子に座ったまま首が折れた状態で寝落ちしていて体が痛い。今日は親子レクで室内にしかいなかったので全然歩けていない、重い体を引きずってランニングへ出かけた、息子は今日も付き合わず「面倒くさい」と言う始末、でもまあ走ることが嫌いになられても嫌なので、根気強くやっていこう。

 

 

走り出すといきなり白い鳥たちが田んぼから飛び立った。白鳥?この時期に?あっという間に遠くへ行ってしまう、気になって仕方がない、少し後を追って行ったが木に止まっている。なんじゃありゃ?もっと近くで見たいと接近を試みるがすぐに感づかれてしまった。

謎の白い鳥

10羽はいたが写真に収められたのは数羽のみ、シロサギの子供かとも思ったが木に止まっているシロサギなんて見たことが無い、大きな鳥だったので気になるなあ。

ランニング中の出来事だったのであきらめて走り出した。今日は呼吸は楽で気温も低い、良いペースで走っていたのだがまた水をさされる。ワーッと!

大きなナメクジ

危なく踏みつけるところだった。お盆の時期によく見るナメクジだ、正面から見てみよう。

怒ってます?

2度も足を止めてしまったが5㎞近く走った私だったが、息子がキャッチボールをしたがっていたので1万歩に届かなかったがウォーキングはあきらめる。

キャッチボールをしながら球拾いなどしていたらギリギリ1万歩には届いたのだった。

今晩からまた夜勤の日々が始まる。

 

夏の終わりに

8/6(土)天気:曇りのち晴れ

今日は5時半起で野球の大会へ出発だ。

朝飯もソコソコに今日も会場まで1時間コース、ブラックコーヒーをがぶ飲みしながら車で走り出した。息子は後部座席で「天空の城ラピュタ」を見ている、これは私が勝手にチョイスしたのだが、聞いてるだけでも冒険心をかり立てられる。初めてジブリ映画を映画館で見たのが「天空の城ラピュタ」だった。気分は最高潮に盛り上がってあっという間に会場についてしまった。

 

 

野球チームもコロナの影響で2チームが欠場だった。そのため息子の入っているチームは試合のペースが早まった。一試合目勝利したが二試合目、12時開始予定だったが11時になり休憩時間は30分程度、シードのチームと戦うには不利な状況だった。しかし点を取り合う面白い展開に。後攻だったわがチームは最終回前に2点を追加し点差2点で折り返した。最終回、びしっと3人で抑え勝利したのだった。

 

 

素晴らしい、子供たちは実力以上の力を発揮して勝利した。明日も応援に駆け付けたかったが、明日はお兄ちゃんの親子レクを控えている。

急に登場した長男坊だが、私には子供は3人いて女、男、男の三人兄弟。中学生のお兄ちゃんは親子レクがあるため私はそちらに参加し、明日はお母さんに試合へ連れて行ってもらうのだ。次男坊が私の散歩やランニングに付き合っているのだ、残なんだが準決勝、頑張ってほしい。

 

 

自宅に帰ってからランニングするか迷ったが、息子は疲れてダウンだし、自分も疲れがたまって動きたくない。しかし観戦していたので今日の歩数は3000歩程度、1万歩にはほど遠い、普段走っているとやっぱり走らないと気持ちが悪い。一人ランニングへ出かける。今日は呼吸が苦しい、半分もいかないうちに口呼吸となってしまった。

 

 

それでも頑張って距離を伸ばし一周目完走する。ウォーキングは楽ちんだ。

今日は気温が低く最高でも28℃程度だった、涼しく夏が通り過ぎてしまったようだ。

大きなショウリョウバッタがいたので捕まえてみた。

ショウリョウバッタ

まるで雑草のような体、昆虫の擬態にはまいってしまう。

私の中でバッタは秋の昆虫と言うイメージだ、夏は確実に終わりに近づいている。

弱ったアゲハ蝶が地面に落ちていた。

飛べなくなっている上にアリが近づいてきている。せっかくなのでよく観察してみよう。

アゲハチョウ

とても奇麗だが、やはり気温の低下が影響しているのだろう、寿命を迎えようとしている。草むらへそっと返して静かな最後を向かてほしいと願った。

 

 

十分夏を満喫している私だが、明日も予定で埋まっている、自分の時間を満喫したいものだ。もっと余裕があるときにゆっくり過去を振り返ってブログに残したいことがある。それまでもう少し頑張ろう。